« 自転車まとめ:11月 | トップページ | 足休め »

2007.12.01

【半周】小豆島ぽた【18%】

【今日の走行】
平均:20.2km/h,最高:53.1km/h,距離:125.76km,
平均心拍:124,最高心拍:183以上,消費:3540kcal(小豆島内のみ、休憩込)

▽出発
朝5時起きの出発は5時42分。
今シーズン初めて冬用ジャージを出してきてウィンドブレーカを着て、シューズカバーもつけてちょうどいいとこでした。ネックウォーマはまだ要らないです。
ボトルは1本、グリコのCCDを溶かしたものを持って行きます。コレは登坂用なのでそれまではPET飲料を買ってそれで持たせます。

ルートは茶屋町から干拓地を抜けて岡南大橋で旭川を渡って行きます。岡南大橋手前のコンビニでサンドイッチとおにぎりの朝食を買って。
新岡山港到着は7時前でした。ここまではAve24km/h程度のややハイペースで体は温もりました。

071201okayamako

しばらくして同行の慎さん登場。7時20分発のフェリーに乗り込み70分の船旅です。

8時30分に土庄到着、デッキに降りるとありゃ?グローブが片方ない??どこかで落とした??
しかたないのでパンク修理作業用の合成ゴム手袋@ホームセンターで売ってるやつ、を出して来て今日はそれでしのぎましょう。

▽土庄
071201gunzo

土庄港からすぐの峠の群像をチェックしておきましょう。これと岬の分教場/映画村をセットでおさえておけばバッチリです。

071201kanmon

ギネスに載っている世界一狭い海峡も忘れずに。河じゃないですよ。

少し温かくなってきた中を島の西北部から時計回りに走ります。最大で40mほどのアップダウンをこなしつつ。

▽合流地点
071201mitinoeki

待ち合わせは道の駅。
ここで姫路組を待ちます。やや遅れて姫路組到着。
さくっと資料館を見学して出発です。

▽第一チェックポイント
来た道を戻って寒霞渓へ登るルートに向かいます。寒霞渓への分岐を過ぎて笠ヶ滝寺へ向かいますが時間が押して来たのでそれはパス、大観音の目の前を通ってメインディッシュにいきなり行きましょう。

071201kannon

▽寒霞渓へ
さっきの分岐路から寒霞渓方面へ向かいます。
ここからしばらくは坂といっても普通の坂、まだまだギアを残して上がります。

071201koyo

途中のヘアピンカーブのところの絶景ポイントで撮影。

071201hairpin

休憩ポイントにしてた銚子渓の手前には18%の標識が!

071201gekisaka18

でも銚子渓までにはそんな坂はありませんですぐ到着。ここで標高330mほど。
ここまではフロントインナーを使ってませんよ。

071201tyoshikei

さて、休憩が済んだら出発です。
いきなり今までより急な坂が登場しますので、早速フロントインナーにガチャンッ!
激坂が続いて少し平坦、が来るかと思えば平坦でなく勾配の緩い坂にしかならないので休憩にはなりません。反対車線にはクルマの退避場(ブレーキが効かなくなって突っ込むところ)が。
心拍は180を越えてますんで無理に踏み込まずゆっくり5km/hちょいで進みます。
汗はダラダラ、GPSにもハンドルバーにも汗がかかりトライバッグのカバーには水たまりならぬ汗だまりができるくらい。
勾配が緩くなったところで素早く給水し次の坂に備えて。
標高600mで駐車スペースがあるところから後の急勾配が特にきつかった〜。
なんとか四方指への分岐路まで到着、結局ここまでインナーロー26x23は使わず26x21で上がれました。
そこから展望台へ向かいます。ここも絶景!GPSの標高値は777mです。

071201siho1

071201siho2

景色を堪能した後先ほどの分岐点へ戻っているとアラ、雨?慌てて木陰へ退散。

071201amayadori

5分ほど待っているとやんできました。
さっさと寒霞渓へ向かいましょう。一旦下って少し登り返して観光客でごった返す寒霞渓に到着です。
売店に向かうとバサーッと本降りの雨。一気に寒さが...
しかしオリーブソフトですよ、完熟オリーブソフト。

071201soft

しばらく雨は降り続き、売店で土産を物色して休憩所で腰掛けていたら明るくなってきたので出発、と思いきやまた小雨、でも僅かだし行ってしまいましょう。

まずはしばらく登り。その方が体が温まっていいですか。

およそ700mまで上がって今度は一気に下り。路面は濡れているし何よりさぶいのでブレーキを当てっぱなしで速度を抑えて草壁まで降ります。おや?下界は乾いてますね。
醤油屋の並ぶ通りを抜けて坂手港を目指します。

▽坂手港:田舎食堂 大阪屋
071201sakate

遠くの方は日光が射してますが雲はどんより鉛色。
2時を過ぎまして遅い昼食、坂手港にある大阪屋です。穴子唐揚げ丼850円を。

071201anago1
071201anago2

丸ごとアナゴ1尾乗ってます。これだけの大きさというのは結構太くて大きいアナゴですね。
そして珍味の亀の手(塩茹で)。磯の塩味で酒の肴にぴったし、ですか?(わたしゃ飲めないんでそのへんわかりません)
071201kamenote

ごちそうさまでした。

▽醤油蔵見学:ヤマロク醤油
さて時間も押してるので岬の分教場/映画村はパス、帰り道に近いところにある醤油蔵見学へ向かいます。途中マルキンの工場を通っているところで前方に大きな虹出現、地表に近いところから見事に立ち上がっていました。

071201rainbow

通りから少し奥に入ったところにある、一見普通の民家みたいなヤマロク醤油へ。
五代目が案内・解説してくれました。醤油樽を上からも見る事ができます。
しかしまぁ、汗まみれの自転車ノリがやってきて酵母菌に迷惑がかからなかったかどうだか(笑)。

071201yamaroku2 071201yamaroku1

そして本日のスゥイーツ、醤油プリンです。
黒豆とその甘い煮汁のかかったキャラメル色のプリン、美味でした。醤油シュークリームは売切れで残念。

071201yamaroku4

醤油蔵を後にして、姫路組とお別れです。お疲れさま、気をつけて〜。

土庄まで15km弱、夕陽の沈む海岸沿いの国道を慎さんと走りまして、予定より一本後のフェリーに乗り込みました。さすがに帰りは観光客が多かった。オリンピアドリーム号ではなかったけど、行きより大きい船だった様です。本日の反省をしながら岡山へ到着。

071201meigen

帰り道慎さんと分かれてセルフうどん「名玄」でうどんをひっかけてから岡山市街地へ向かい、自転車屋に寄って今日の話やらヒミツの話やらで30分ほど休憩?してから午後9時過ぎに帰宅しました。
が、家に辿り着く前にまた腹減ったんでホカ弁のからあげ弁当を買って帰って食べたせいで、あれだけ水分を絞り切ったのに昨日から体重+0.1kgとなっていたのでした、やれやれ。

▼小豆島の走行ルート
071201map

プロフィールマップ
071201prf

前回小豆島へ行った時より高いところまで行ったので、今回が過去最高標高地点到達になりました。

|

« 自転車まとめ:11月 | トップページ | 足休め »

コメント

ひらまつさん、みなさんお疲れさまでした
ちょっとお天気が予想外でしたが、紅葉シーズン的にはどんぴしゃのタイミングでしたねー
さすがに足がだるい・・(^^;
今日はレポート書きながら自宅休養するようです(^^)

投稿: Mazoka | 2007.12.02 10:37

昨日はありがとうございました&お疲れ様でした。
20年ぶりに寒霞渓に登りましたが、随分道が綺麗になって登りやすかったです・・・と書くと語弊があるなぁ(~_~;)
昔は、一番きついところが凸凹のコンクリ舗装でしたから、それに比べればね。
ところで17%の標識はありましたが、18%の坂は何処にあったのでしょうね(笑)

投稿: 腹ポ | 2007.12.02 10:58

お疲れ様でした。
走行距離がずいぶん違いますが、登坂時の走行ルートの違いか(^^;?
四方じゃなくて展望台へ自転車止めたら779mと記録が残っていました。

寄り道先ではいい話が出来ました?

投稿: 慎@アパート | 2007.12.02 19:31

お疲れ&食欲旺盛ですね。
当方、12時過ぎまで寝てました。
流石にだるいっす(^_^;)
で、何を買うんですか?(笑)

投稿: かつ | 2007.12.02 23:22

醤油蔵まわってフェリー1本遅くしちゃいましたね。足湯乗れなくてすいません・・
小豆島見所(ネタ)多いのでとても一日じゃこなせませんねぇ、、次はいつ行きましょうか?(^^;

>腹ポさん
昔はコンクリ舗装だったんですか!
きっとアスファルト敷くときに均したんで、18%が消えちゃったんですね(笑

投稿: Mazoka | 2007.12.02 23:37

皆さんお疲れさまでした。まぁわざわざ疲れるために登ったようなもんですね、ハイ。

醤油蔵ご案内ありがとうございました>Mazokaさん。足湯はパスしましたが醤油プリンでおつりが来ます。

さりげなくメンバーの走行フォローありがとうございました>腹ポさん。今度はべりさんもご一緒に♪

銚子渓からの登りでかつさんのローギアに近い26x19で上がろうとしましたが100mほど走ったらいつのまにか26x21に落ちてました(^^;;
みんな高いギア比でよく登れるナー。

>寄り道先ではいい話が出来ました?

(^^)vマーダダヨ

投稿: ひらまつ | 2007.12.02 23:49

お疲れさまでした。

ヘアピンからの風景はいいですねぇ。
最近は通勤しか乗ってないから、たまには遠くに行きたいところ…

次回(あるのか?)は参加するぞ~

投稿: takotako25 | 2007.12.03 12:50

あちこちで”次は”という声が出てます。
でも普通に一周するってことはないんでしょうねー、きっと。

#今回姫路組が走った福田〜大部の海岸ルート、ワタクシは前回も走ってなかったので、小豆島一周のトラックデータをつなげるためにもその部分を走りたいところ。

投稿: ひらまつ | 2007.12.03 17:52

>>普通に一周するってことはないんでしょうねー、きっと
海岸線を回るのも悪くないですねー
細かいアップダウンが続くので距離の割りに堪えそうです^_^;
ワタシはドーンと18%登るより苦手かも・・

ただ次回に備えて激坂対策機材手配に走っている方もいらっしゃるようでうすので、やっぱり登らざるを得ないのでしょうか?
ヒルクライムと一周を両立されるには、クアドリフォリオ(四葉のクローバー)ルートというのもありますよ(゚-゜)\バキ
(名前とは裏腹に不幸を招きそう・・・)

投稿: Mazoka | 2007.12.04 16:26

福田~大部はコース的には面白くなかった記憶がありますが、残りがここだけであれば走りたくなりますね♪

クアドリフォリオですか… プロファイルを見ると2回目までは大丈夫かなと思いますが、3回目はかなりヘロヘロ、4回目は蛇行しまくりになりそう。(^^;;
スタート地点選びは慎重に。(^^)b

投稿: takotako25 | 2007.12.04 17:10

8の字では足りなくて四葉で?
もう好きにしてください、止めはしません(笑)

投稿: ひらまつ | 2007.12.04 17:53

海岸線、アップダウンはきつそうですが春から夏にかけて走ると気持ちよさそうですね(^^)

でも、四葉で行くときは声をかけないでください(゚゚☆\(--;)バキ

投稿: 慎@アパート | 2007.12.04 21:12

次回は
・岡山組:一周コース
・姫路組:四葉コース
これでいきましょう。

投稿: ひらまつ | 2007.12.05 00:42

どっちか迷う方のために
・日生組:8字コース
もお願いします(^^;

投稿: Mazoka | 2007.12.05 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18561/17244206

この記事へのトラックバック一覧です: 【半周】小豆島ぽた【18%】:

» 自転車:18%を検証する-小豆島ぽた [X∞MULTIPLA]
小豆島といえば、銚子渓の登り18%の激坂です。新装備勾配計にて実地検分して参りました。 後半は雨のツアーとなりましたが、意外な方の飛入り参加(強制連行ともいう^^;)もあり、紅葉真っ盛りの中、楽しいツーリングとなりました。 ALPSLAB routeによる走行ログ:小豆島(銚子渓・寒霞渓) 【本日の走行】 走行距離:149.64km、平均速度:21.6km/h、最高速度:60.8km/h リンク: 航製歴航製暦.071201 【半周】小豆島ぽた【18%】ツーリング by 腹ポさ... [続きを読む]

受信: 2007.12.03 00:17

« 自転車まとめ:11月 | トップページ | 足休め »